ゴルフ上達を考える

頭も心も身体もゆるめて楽々ゴルフ上達!

ゴルフスイング|立つことが大事

ゴルフスイング|立つことが大事

人間は2足歩行動物です。

4足歩行動物と違い常に倒れる、転ぶ不安を抱えています。

身の安全が第一優先される為、何か動作をする時でも無意識に転倒しないように危険回避するように身体が反応します。

ゴルフスイングをする場合でも上手く当たらない不安より転倒しない不安が無意識に働いています。

コースに出ている方は経験あると思いますが、急な傾斜地でのショットを試みようとした時に「上手く振れるかな・・・!? 強く振ったら倒れそうだな・・・!?」などと感じたことがあると思います。

無意識に身体はボールを上手く打てるか?の心配より倒れないかの心配をしているのです。

上手く立てていないんですね

逆に不安なく打てそうに感じる時は、転倒の不安もないという事です。

上手く立てています

 

練習場の2階打席が苦手の人もいますよね。

その方などは2階打席から落ちるはずはないと思っていてもどこかで不安に感じているのです。

高いビルの屋上の端に立たされたらほとんどの人は足がすくんで普段通り立てなくなると思います。

当然、そこでスイングしろなんて言われても普段通りには振れないわけです。

先を読む意識が不安にさせる。

もしバランスを崩したら・・・  もし転んだら・・・ もし落ちたら・・・

など無意識で不安を感じてしまいます。

身体は不安を感じると他の動作が上手く出来ないようになってしまいます。

ビルの屋上の端で立てなくてもせめてゴルフ場では上手く立てるようにしたいです。

バランス良く、不安なく立つ!

単純なことですが基本だと思います。

身体が上手く使えている人は身体の重心をちょうど良い位置に置きバランス良く立っています。

だからスムーズな動作が行えます。

つまり転倒の不安を抱えていないという事になります。

ゴルフ上達の為にはまず上手に立てているかという事が大変重要だという事です。

アドレスの重要性!

その為には普段の立つ姿勢から改善していく必要があります。

上体の力みがなくバランス良く背筋が伸びて立てているか?

軸や重心が感じられているか?

重心は低い位置に収まり安定しているか・・・?

鏡などに自分の姿を映してチェックしてみて下さい。

そして感じてください。

感じることが大事です。

普段の姿勢、立ち方がゴルフのアドレスにも影響します。

普段の体勢から直してバランス良く立てるようすることもゴルフ上達の練習ですよ。

 

ABOUT THE AUTHOR

NFゴルフクリニック代表福田 尚也
(公社)日本プロゴルフ協会A級ティーチングプロの福田尚也です。
NFゴルフクリニック 代表
神奈川県厚木市を拠点にスクール、個人レッスン、コースレッスンと活動しています。
どのようにしたらゴルフが上達するのか・・・? 
少しでもゴルフが上手くなりたい方達の為にも日々、上達法を研究しています。
ジュニア育成に力を入れ、夢は教え子の中から世界で活躍する選手に育てること!
もちろん自分のゴルフもいつまでも上手くなりたい!

日々、精進!成長!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top