ゴルフ上達を考える

頭も心も身体もゆるめて楽々ゴルフ上達!

ラウンドでの心構え|ゴルフはミスするスポーツ

ラウンドでの心構え|ゴルフはミスするスポーツ

今日は良いスコアで回るゾ!

自分に期待して臨んだラウンド!

出だしのティーショットいきなりOB!!!  スタートホールからダボ!トリ!・・・

なんてことは誰でもあります。

18分の1 過ぎたことはしょうがない!と気持ちを切り替えるしかないのですが・・・わかってはいても難しいですよね。

でもしっかり切り替えないとその日のラウンドはボロボロになってしまいます。

切り替えているつもりでも気づかずに悔やんでいる・・・モヤモヤが残っていたりするものです。

私はこういう時は「今日は良いラウンドが出来るな! ここからどう崩れないか楽しみだ!」と思うようにしています。

トータルのスコアより冷静に自分を崩さないでプレーできるか!そういう自分に期待してラウンドします。

すると逆にワクワクしてきます。

そしてなによりゴルフはミスするスポーツ!ミスは当然あるもの!と思っています。

普段、調子がいい時は誰でも気持ち良くプレーできます。

ゴルフは調子が悪い時にいかに冷静に自分を保ってプレーできるか!これがゴルフだと思います。

人生と一緒でいい時ばかりではない。

いかに悪い時に腐らず自分を保って前を向けるか!

良いプレーヤーは調子が悪い時に力を発揮します。

しぶとく粘り強く崩れません。

調子が悪い時は無理せず悪いなりにプレーする冷静な判断が必要です。

調子が悪いのに取り返そうと調子が良い時のイメージで無理な攻めをしたりするのは最悪です。

冷静な自分を保つには常に最悪を想定していることが重要だと思います。

同じミスをするのでも想定していたミスは心の動揺は少ないですが、想定外のミスは動揺し、次のショットや次のホールに影響していきます。

人生と一緒ですね。

想定外のことが起こると人間は動揺しパニックになります。

常に最悪の事態を想定していれば大概の事には動じません。

自分の度量を試されているみたいです。もちろんプレーしている時は必死ですが・・

良い時の自分を基準にしてしまうとゴルフは苦しくなります。

良い時も悪い時もそれが自分のゴルフ。

こんな筈ない!なんて思わずに受け入れることが大事です。

同じコースを何回も回っていても毎回スコアも内容も違います。

この前は良かったのに・・・ いつもこのホールは良いのに・・・など以前のラウンドと比べてしまいがちです。

しかし過去のラウンドは過去です。

その日の調子に合わせて、その日どおり! その日なりに! の気持ちでラウンドすべきです。

 

ミスを想定するといっても毎回ミスを想定してショットするという事ではありません。

18ホールのラウンドの中でミスは起こるもの。大なり小なりそれがどのような場面でも起こり得るものと心得て置くことです。

ショットする時にはミスのことは考えてはいけません。

ミスを恐れず最善を尽す!やることに集中です。

良いショットが出るイメージを思い描いて実行するだけです。

そして結果が良くても悪くても受け入れて次のショットに気持ちを切り替えて最善を尽す。

このように書くとなんかゴルフって修行みたいですね。

私もいつもラウンドしながら揺れ動く心に修行がたりないな・・・と思うのですが・・

 

コースは鏡!今の自分が映し出される。 良いも悪いも!そして課題をくれる。

だからゴルフは楽しい!!

 

 

 

 

 

 

ABOUT THE AUTHOR

NFゴルフクリニック代表福田 尚也
(公社)日本プロゴルフ協会A級ティーチングプロの福田尚也です。
NFゴルフクリニック 代表
神奈川県厚木市を拠点にスクール、個人レッスン、コースレッスンと活動しています。
どのようにしたらゴルフが上達するのか・・・? 
少しでもゴルフが上手くなりたい方達の為にも日々、上達法を研究しています。
ジュニア育成に力を入れ、夢は教え子の中から世界で活躍する選手に育てること!
もちろん自分のゴルフもいつまでも上手くなりたい!

日々、精進!成長!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top