ゴルフ上達を考える

頭も心も身体もゆるめて楽々ゴルフ上達!

ゴルフスイングで一番大事なことは・・・?

ゴルフスイングで一番大事なことは・・・?

ゴルフスイングで一番大事なことは何でしょう?

グリップ・・・? アドレス・・・? バックスイング・・・? ダウンスイング・・・?

スイングプレーン・・・?  リズム・テンポ・・・?

どれも大事です。

いろいろとチェックするポイントはあっても一番大事なのは・・・? というと!

私はインパクトだと思います。

ボールをより正確に思った場所に運ぶ為には正しいインパクトが重要です。

どのようにインパクトしたかによって球筋が変わってきます。

正確なインパクトを迎える為にグリップやバックスイング、ダウンスイング、スイングプレーン、リズム・テンポなどの重要な部分があるという事です。

どれも大事ですがインパクトについてしっかりとイメージがあるか考えてみましょう!

意外にインパクトのイメージがなくぼやけている方が多いのではないでしょうか?

まずどのようにボールを捕らえるのか・・・?

インパクト前後の動きやクラブの入り方(入射角)について考えて見ましょう。

BenHogan300

プロなどのインパクトを見ると共通してどの選手もハンドファーストにボールを捕らえ、しっかりとボールを押せています。

身体の正面で一番力が加わる体勢でボールを捕らえています。

クラブが入る角度(入射角)は・・・?

アイアンの場合はダウンブローに入ってきます。この場合ゆるやかなダウンブローが良いですね。

低くて長いインパクトゾーンです。

同じダウンブローでも鋭角に深くターフを取ってしまうとスピンが多くなったり距離感が合わなくなったりします。

鋭角な入りは、ほんの少しボールの手前に入っただけでも抜けが悪くダフリなどのミスにつながったりします。

nfgc-2016816

ドライバーの場合はレベルにボールを捕らえと飛距離と方向性が安定します。

女性など非力な方はややアッパーブローに捕らえるとボールも飛びます。

自分のスイングやタイプによっても自分に合った入射角を見つけていく事も重要です。

インパクトによってボールは影響を受けます。

インパクト前後の動きをしっかり練習する必要がありますね。

まずは小さい振り幅(8時~4時)でハンドファーストでしっかりと上からボールを捕らえる練習をして下さい。

10Yぐらいのアプローチと一緒ですが短いショットも大きいショットもインパクト前後の動きは一緒です。

感じが掴めて来たら徐々にスイング幅を大きくしていきます。

この時に音にも敏感になって下さい。

良いインパクトは良い音を出します。

良い音を出す練習をしましょう!

 

 

ABOUT THE AUTHOR

NFゴルフクリニック代表福田 尚也
(公社)日本プロゴルフ協会A級ティーチングプロの福田尚也です。
NFゴルフクリニック 代表
神奈川県厚木市を拠点にスクール、個人レッスン、コースレッスンと活動しています。
どのようにしたらゴルフが上達するのか・・・? 
少しでもゴルフが上手くなりたい方達の為にも日々、上達法を研究しています。
ジュニア育成に力を入れ、夢は教え子の中から世界で活躍する選手に育てること!
もちろん自分のゴルフもいつまでも上手くなりたい!

日々、精進!成長!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top