ゴルフ上達を考える

頭も心も身体もゆるめて楽々ゴルフ上達!

初心者が気をつけるゴルフマナー

初心者が気をつけるゴルフマナー

初心者が気をつけるゴルフマナー

良いゴルファー! またあの人と回りたい! と思ってもらう為にもゴルフはマナーが大切です。

ゴルフを始めたばかりの初心者の方は

周りの人に迷惑を掛けないか・・・?

どのような事に気をつけて良いかわからない・・・?

自分のレベルでコースに出ても平気なのかな・・・?

など、初めてのラウンドは、わからない事と不安でいっぱいですよね。

ですが、最初は誰でもわからないところから始めているので心配することはありません。

これからプレーする前に、知識として少しゴルフマナーを知っておけば大丈夫。

初心者故のマナー違反は目立ってしまうので、簡単に学んでおきましょう。

プレー中に気をつけることは

まずは、他のプレイヤーが打つ姿勢に入ったら、それを静かに見守ることです。

アクションを起こして、集中力を奪うような行動をしてはいけません。

また、打つ姿や球の起動に興味があっても、真後ろに立つことは好ましくありません。

真後ろに立つと視界に入り、スイングする時に気になったり集中力を欠いてしまうからです。

他のプレイヤーが、気持ちよくゴルフをできる環境を提供できるように心掛けましょう。

自分がショットした後は

一打目を打ってから、二打目を打つ為の移動時間も、てきぱき動くようにします。

ゴルフ初心者は、クラブ選びや細々したことで時間をかけてしまいがちですが、慣れが必要な部分もあるので、移動時間の短縮という初心者でも可能なことで、不馴れな部分の迷惑を取り返していきます。

ちょっとした気遣いですが、そのちょっとしたことが、一緒に回ってくれる人が楽しんで回れるようになれるでしょう。

ゴルフではプレーにかける時間がルールで決められています。
スロープレーにならないように心掛けると同伴競技者からも良いゴルファーだと良い印象をもってもらえます。

コースの保護

ゴルフ場には、グリーンやバンカー、フェアウェイ、ラフなどがあります。

注意していても、芝を傷つけてしまうこともあるでしょう。

これは、プレーをしていると大なり小なり起こることですが、大事なのはその後です。

フェアウェイであればディポット後を直したり、グリーン上であればボールマークを直したりと、芝の痛みを直すことで、次のプレイヤーも気持ちよくプレイできます。

特にグリーン上では注意が必要です。

芝が短く刈られているので傷つけやすく、痛みやすいです。

ゴルフシューズは普段の靴より重くてスパイクが付いているので、自分で思っているより足が上がらず、引きずってグリーを傷つけてしまいがちです。
いつもより足を高く上げて歩き足を引ずらないように気をつけましょう。

グリーン上にボールが乗ったら他の人のボールの位置を確認し、ライン上を踏まないように気をつけましょう。

同伴競技者がアドレスに入ったら、ここでもプレーする人の視界に入らないように立つ位置を気を付けます。

バンカーでは

バンカーにボールが入ったら低いほうからバンカー内に入ります。
高いほうから入るとバンカーのアゴが崩れてしまうからです。

ボールを打ったらきれいに砂を均します。

均したレーキはバンカーの横に置きましょう。! 入口付近に置かないように!

まとめ

このようにゴルフのマナーは沢山ありますが、一度には覚えられないので、まず初心者のうちはこのぐらい知っておけば大丈夫です。

初心者の時はゴルフ場でのプレーが不安だと思いますが、多少のマナー知識を入れて行けば心配ありません。

プレー中のマナー、コースに対してのマナーとありますが、特にプレーが遅くならないように注意してプレーしていればGoodな印象を与えられますよ。

ゴルフを始めたばかりの初心者の方は参考にしてみて下さい。

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top