GolPro[ごるぷろ]

初心者、100切り、シングル、ゴルフ上達の為の情報を発信!

News

    フェース正しく返せてますか?この動作でフェースを正しく使えているか分かります!

    フェース正しく返せてますか?この動作でフェースを正しく使えているか分かります!

    フェース正しく返せてますか?この動作でフェースを正しく使えているか分かります!

    フェースの正しい使い方です。

    アプローチショットで、ボールに向かってヘッドを真っ直ぐ動かそうとすると、ボールはフェース面を上滑りするので、想定した距離が出ずにショートしてしまいます。
    この「ボールが抜ける」状態は、ヘッドを正しい軌道に変えてフェースの返し方を覚えることでピッタリの距離感で打てるようになります。

    動画ではフェースを返すために、3つのポイントにまとめた練習方法で説明しています。
    ①構えた位置からフェースの先を閉じていくようにする
    ②足・体・クラブヘッドの動きを揃える
    ③手ではなくヘッドを動かす

    ①構えた位置からフェースの先を閉じていくようにする

    グリップをボールの位置よりも左側で構えるハンドファーストで、ボールの後ろ側にヘッドをセットします。
    構えたところから左に寄せるイメージでヘッドを動かすことが重要です。
    このときヘッドの動きは直線ではなく、体の中心を軸に円を描くように動かすことで、フェースの先を閉じるイメージが「ボールが抜ける」のを防ぐことに繋がるので、フェースにしっかりボールを乗せて押し出すようにしましょう。

    ②足・体・クラブヘッドの動きを揃える

    足の動きや体の動きとクラブヘッドの動きが揃えるために、ボールの後ろにヘッドをセットして、テークバックせずにボールを押し出すことでヘッドの正しい使い方を覚えます。
    ゆったりしたリズムを心がけ、フェースにボール乗せて、引っかけるようなイメージの打ち方を心がけると上滑りすることなくボールは前に飛び出します。

    ③手ではなくヘッドを動かす

    手打ちにならないように、体を使ったスイングをイメージすることが重要です。
    テークバックをしていない練習方法なので、インパクトの衝撃がボールに伝わることはありません。
    手で動かそうとするとヘッドが動かなくなるので、手を動かさずに体でヘッドを動かすイメージで、ボールを押し出すようにしましょう。 
    この練習方法は練習場に限らず、自宅(室内)でもクッションなど利用することで、短い距離を繰り返し練習できるので、体でフェースの返し方を覚えるまで励みましょう。

    動画を参考にフェースを返す打ち方を覚えて下さい。
    ゴルフをプレーする上でもスコアメイクの上でも、アプローチショットはとても重要です。
    上の動画では3つのポイントでフェースの返し方の練習方法について説明していますので、是非ご覧いただき、距離感の良いアプローチショット習得に役立てて下さい。

    ABOUT THE AUTHOR

    NFゴルフクリニック代表福田 尚也
    (公社)日本プロゴルフ協会A級ティーチングプロの福田尚也です。
    NFゴルフクリニック 代表
    神奈川県厚木市を拠点にスクール、個人レッスン、コースレッスンと活動しています。
    どのようにしたらゴルフが上達するのか・・・?
    少しでもゴルフが上手くなりたい方達の為にも日々、上達法を研究しています。
    ジュニア育成に力を入れ、夢は教え子の中から世界で活躍する選手に育てること!
    もちろん自分のゴルフもいつまでも上手くなりたい!

    日々、精進!成長!

    コメントはこちら

    *
    *
    * (公開されません)

    Return Top