GolPro[ごるぷろ]

初心者、100切り、シングル、ゴルフ上達の為の情報を発信!

News

    【シャンク改善】なぜシャンクが出てしまうのか?原因と直し方

    【シャンク改善】なぜシャンクが出てしまうのか?原因と直し方

    シャンクの原因と直し方です。

    シャンクの原因は一つではなく、いろいろな原因でシャンクのミスは出ます。

    動画のモデルの方はヘッドが外側から入いり、フェースが開いてインパクトしてしまうのが、シャンクの原因です。
    自分ではボールに対して真っ直ぐに振っているつもりでも、実際には外側から入いり、フェースが開いているのでシャンクは起こります。
    このシャンクを止めるために必要なことはスイング軌道の修正ですが、そのためにはグリップと体の間隔に見直すことが重要です。

    動画ではシャンクを止めるために重要な3つのことについて説明しています。
    ①グリップが体から離れている
    ②足の付け根から前傾姿勢をとる
    ③両脇を締めるスイング

    ①グリップが体から離れている

    クラブを構えたときにグリップの位置が体から離れると、腕が自由に動いて正しいスイングができなくなります。
    クラブを構えるときは、最初に両手でグリップを握り、シャフトを立てて両腕が肩と平行になるよう突き出します。
    このあとシャフトが地面と平行になるように腕を下し、さらに前傾姿勢を取るとグリップと体は正しい間隔になっています。

    ②足の付け根から前傾姿勢をとる

    構えるときは、足の付け根から前傾姿勢をとります。
    この姿勢でヘッドをソールすると、体とグリップエンドはちょうど良い間隔の握りこぶし1個分になっています。
    前傾姿勢でのときに注意するポイントは、お尻を垂直に落とさずにキュっと引き上げること、これ背筋が伸びて正しい姿勢を保つことができます。

    ③両脇を締めるスイング

    スイングで両脇が開かないように肩甲骨から下げるように構えると、両肩とグリップを結んだ三角形ができます。
    あとは三角形を意識しながら両脇を締めたままスイングすると、体と腕の動きが一体になり、腕が自由に動いて外から入るスイング軌道は直すことができます。

    グリップが体から離れていると、スイング中に両脇が開いて、ヘッドの軌道が安定せず、シャンクのミスがでたりします。これ以外にもダウンで膝が前に出ることで、手元も一緒に前に出てシャンクしたり、またクラブが外側からきてボールに向かう、さらにグリップが体から離れて左外側に先行するといった様々な原因でシャンクが起こります。
    すべて肩甲骨から下げて正しい姿勢で構えることができれば、簡単に両脇の開きを抑えることができ、シャンクの原因を取り除くことができます。
    上の動画では3つのポイントを中心にした直し方を説明していますので、是非ご覧いただきシャンク防止に役立てて下さい。

    ABOUT THE AUTHOR

    NFゴルフクリニック代表福田 尚也
    (公社)日本プロゴルフ協会A級ティーチングプロの福田尚也です。
    NFゴルフクリニック 代表
    神奈川県厚木市を拠点にスクール、個人レッスン、コースレッスンと活動しています。
    どのようにしたらゴルフが上達するのか・・・?
    少しでもゴルフが上手くなりたい方達の為にも日々、上達法を研究しています。
    ジュニア育成に力を入れ、夢は教え子の中から世界で活躍する選手に育てること!
    もちろん自分のゴルフもいつまでも上手くなりたい!

    日々、精進!成長!

    コメントはこちら

    *
    *
    * (公開されません)

    Return Top