GolPro[ごるぷろ]

初心者、100切り、シングル、ゴルフ上達の為の情報を発信!

News

    テークバックの悩みを解消!効率よくバックスイングを上げるポイントを紹介

    テークバックの悩みを解消!効率よくバックスイングを上げるポイントを紹介

    テークバックの悩みを解消!効率よくバックスイングを上げるポイントを紹介

    バックスイングの上げ方に悩んでいませんか。

    バックスイングは決まった上げ方があるわけではありませんが、効率の良い上げ方はあります。

    正しいバックスイングの上げ方を紹介するので、バックスイングの上げ方に悩んでいる方は参考にしてみてください。

    正しいバックスイングを覚える練習ドリル

    まず大事になるのが、最初のアドレスです。

    アドレスで体が固まってしまうとスムーズに動けないので、アドレスでは体が固まらないように骨盤から前傾したら軽く足踏みなどをして、体が動き出せる体勢をしっかりとっておくことが重要です。

    バックスイングをあげる時は、手先であげるのではなく体と一体化してあげていきます。シャフトのグリップエンドを左脇腹につけて、クラブは短く持ちます。

    手だけで上げるとクラブが外れてしまうので、左脇腹についているシャフトがずれないように、同じ場所につけたまま動かします。

    手でインサイドに上がる人はクラブのシャフトが離れてしまい、手元が外側に上がって手が

    体から外れてしまう人も脇腹からシャフトの位置がずれてしまいます。

    正しく体と一体で動かすには、右足が前にくるぐらいまで手の位置は変えずにお腹を中心に 右側に回していきます。

    左肩が斜め下前方に出るイメージで

    頭の中心の軸は動かさずに、少し左肩が斜め前方に下がってくるイメージでお腹を使ってクラブを上げていきます。クラブを上げたら手の位置は変えずにシャフトを伸ばしていくと、ヘッドが体の正面にある状態になります。

    このままスーッとお辞儀をしてヘッドを下ろしてみると、フェースの向きは右側を向いていますが、体を左に向けると元々最初に構えたアドレスの位置に戻ります。

    つまり、最初のアドレスの位置を、そのまま右側に向けた位置になります。

    常に手と体とクラブの関係は、変わっていない状態になります。

    その感覚で同じようにシャフトを伸ばした位置から、実際にボールを打つスピードでバックスイングを上げると、自然とクラブの慣性が働いてヘッドが上の方に上昇して自然な手首のコックが入ってきます。そして、肘もたたまれてきます。

    このまま上がってクラブの勢いにつられて、 そのまま体の回転で左の肩が顎の下に入った適正なトップの位置になります。

    イメージとしてはライ角というアドレスをした時のクラブの構えたシャフトの角度から線を引いてみて、線より下に上がりすぎず手元は構えた位置より前に出過ぎずないようにしましょう。

    ヘッドが外にある分には問題ありません。

    手元が内側、ヘッドは外側という関係になることが大事です。

    シャフトを左脇腹に当てた感じでクラブを上げてみると、手元が内側、ヘッドは外側という関係になります。このままクラブの慣性に任せて体を捻じっていくと、正しいトップの位置ができあがってきます。

    ゆっくり繰り返しながら、トップまでの軌道を確認しましょう。

    バックスイングに悩んだら一連の動作を何度も確認しながら、体の動きとクラブの関係を覚えてください。

    オーバースイングに悩まれている方はこちらの動画も参考にして下さい
    オーバースイングに悩まれている方、ここを意識するとオーバースイングが直ります。

    ABOUT THE AUTHOR

    NFゴルフクリニック代表福田 尚也
    (公社)日本プロゴルフ協会A級ティーチングプロの福田尚也です。
    NFゴルフクリニック 代表
    神奈川県厚木市を拠点にスクール、個人レッスン、コースレッスンと活動しています。
    どのようにしたらゴルフが上達するのか・・・?
    少しでもゴルフが上手くなりたい方達の為にも日々、上達法を研究しています。
    ジュニア育成に力を入れ、夢は教え子の中から世界で活躍する選手に育てること!
    もちろん自分のゴルフもいつまでも上手くなりたい!

    日々、精進!成長!

    コメントはこちら

    *
    *
    * (公開されません)

    Return Top