GolPro[ごるぷろ]

初心者、100切り、シングル、ゴルフ上達の為の情報を発信!

News

    アプローチの基本|これを知っているとミスが減ります。

    アプローチの基本|これを知っているとミスが減ります。

    アプローチの基本についてです。

    アプローチには上げる(ピッチショット)、上げて転がす(ピッチ&ラン)、転がす(ランニング)と大きく分けて3種類。
    その他にロブショットのような特別なショットもありますが、多く使われえるのは上の3種類です。

    どのショットでも短い距離だからと言ってクラブを手先で動かすのではなく、体と連動して自然なクラブの動きに任せて打つことが重要です。

    動画ではアプローチで重要な3つのことについて説明しています。

    ①距離に合った構えをする
    ②バンスを使う
    ③ボールの位置について

    ①距離に合った構えをする

    アプローチのミスを減らす為にはアドレスが大事です。
    打ちたい距離と構えが合っていることが上手く行くコツで、10ヤードなら10ヤードの構え。20ヤードなら20ヤードの構え。30ヤードなら30ヤードの構えといったように、打ちたい距離に合ったアドレスをとることが大事です。

    アプローチが苦手な人は、この構えが合っていない人が多く、短い距離なのに大きく構えたり、遠い距離なのに小さく構えたりというように、どちらにしても手で調整が入らないと上手く打てない打ち方をしている方が多いです。

    ②バンスを使う

    アプローチを成功させるためには気持ち的なプレッシャーを少なくしてあげることが大事で、ダフリたくない、トップしたくない、ザックリしたらどうしようなど、気持ち的な不安が大きいと体が固まってスムーズな良い動きが出来ません。
    そこでバンスを使って多少ダフってもミスにならないようにすることです。
    バンスを使うと刺さらないで滑ってくれるのでザックリのようなミスが防げます。
    きれいに打とうとしてリーディングエッジ(刃)から入れてはダメです。
    少しのズレでザックリのミスが出たり、それを嫌がってトップのミスが出たりもします。

    バンスを滑らしながらインパクトするとある程度の保険が効いているので、ダフリ、トップ、ザックリのようなミスも減り、気持ち的にも楽に打てるようになってきます。
    気持ち的なプレッシャーを減らす役割にもなりますね。

    ③ボールの位置について

    ボールの位置をどこに置くか?
    適正な位置にボールを置くことで自然ときれいにインパクト出来るようになります。
    ボールの位置が正しい位置でないとインパクトで合わせる動作が必要になるので、毎回同じように合わせるのは難しく、ミスがでてきます。
    正しい位置にボールを置いて、自然な振り子の動きでクラブに任せれば再現性は高くなります。
    動画を参考に適正なボール位置を覚えて下さい。

    ゴルフをプレーする上でスコアメイクするにはアプローチがとても重要です。
    上の動画では3つの事を中心にアプローチに基本について説明していますので、是非ご覧いただき、アプローチ上達に役立てて下さい。

    距離感が合わない方、中途半端な距離が苦手な方
    アプローチの距離感の作り方については【動画】アプローチショットの基本|距離感の作り方 | を参照してください。

    最新の投稿

    ABOUT THE AUTHOR

    NFゴルフクリニック代表福田 尚也
    (公社)日本プロゴルフ協会A級ティーチングプロの福田尚也です。
    NFゴルフクリニック 代表
    神奈川県厚木市を拠点にスクール、個人レッスン、コースレッスンと活動しています。
    どのようにしたらゴルフが上達するのか・・・?
    少しでもゴルフが上手くなりたい方達の為にも日々、上達法を研究しています。
    ジュニア育成に力を入れ、夢は教え子の中から世界で活躍する選手に育てること!
    もちろん自分のゴルフもいつまでも上手くなりたい!

    日々、精進!成長!

    コメントはこちら

    *
    *
    * (公開されません)

    Return Top