GolPro[ごるぷろ]

初心者、100切り、シングル、ゴルフ上達の為の情報を発信!

News

    【パターの基本】5つのことをチェック!これを知るとパターが入るようになります。(動画)

    【パターの基本】パターの構え方、打ち方を覚える

    パターの基本

    ①グリップで気をつけること
    ②構え(アドレス)とストロークで気をつけること
    ③ボールの位置
    ④スパッド(目印)を決める
    ⑤パターの芯で打つ

    グリップで気をつけること

    グリップはこれでなくてはダメというものはありません。
    ショットと同じように握るオバーラッピンググリップ。
    左手の人差し指を右手の上に重ねる逆オーバーラッピンググリップ。
    右と左を逆さに握るクロスハンドグリップ。
    クローグリップやベースボールグリップなど様々
    どれも自分に合っていればOK!
    要は入るグリップがいいということです。

    ただ、手の平の感覚は距離感やフェースの面を感じたりと、結構、重要で、両手の平を合わせた感じで、右と左の一体感が感じられるグリップがおすすめです。

    はじめは、一番オーソドックスな逆オーバーラッピンググリップから握ってみると良いと思います。

    パターのアドレスとストロークで気をつけること

    スタンスは通常は肩幅ぐらいの広さ。
    それより広くても狭くても、自分に合っているスタンス幅がよいです。
    軸がブレない安定した動きが出来る、スタンス幅を探すと良いでしょう。

    パターはアプローチと違って足を送ったりせずに下半身は固定でストロークします。
    両腰、両膝でできる四角形が崩れないようにストロークする。
    お腹に力を入れて、両肩、背中、お腹、全体で動かすとストロークが安定します。

    ボールの位置

    ボールの位置は基本、左目の下
    目の下より外側にボールがあるのは良いですが、内側はあまりおすすめしません。
    ボールが目線より内側にあると、錯覚して狙ったところに打ち出しにくくなります。
    目線とボールを打つラインが重なっているとボールを打った時にラインに乗せやすいです。

    スパッド(目印)を決める

    狙った場所に打ち出すコツはスパッド(目印)を決める
    おすすめはボールから10cmから20cmぐらいの場所。
    ボールを見ながらスパッドも目線に入っていると、スパッドの上にボールを通しやすくなります。
    あまりスパッドが遠いいと、スパッドが分からなくなったり、その上を通しにくくなるので、近めに目印を決めることをおすすめします。
    スパッドを決めたら、そこにボールを通すことだけに集中することです。
    その上にボールが打ち出して「入らなかったらしょうがない!」と開き直って、打ち出しに集中することです。

    パターの芯で打つ

    カップインする確率を上げるにはいい転がりのボールを打つこと。
    その為には芯で打つことが重要。
    芯で打ったボールは順回転のいい転がりで、ボールが伸びていきます。
    芝目にも負けにくく、カップインの確立が高くなります。
    芯で打つといっても簡単ではなく、パターの芯とボールの芯の1点がしっかり当たったインパクトです。
    横の打点と縦の打点が揃って初めて芯に当たります。
    以外と縦の打点がズレて、ボールの下の方を打っている方が多いです。
    そうすると、ボールが跳ねながら転がってボールの伸びが悪くなります。
    芯で打つ練習をしましょう!

    まとめ

    以上の5つのことを気をつけて、練習していくと、パターが上達していくと思います。
    良いスコアで回るにはショートゲームが大事です。
    パターははもちろん、アプローチもスコアメイクの鍵になります。
    アプローチの基本が知りたい方はアプローチの基本|これを知っているとミスが減ります。を参照ください。

    【パターの基本】動画を観て是非、参考にして下さい。


    ABOUT THE AUTHOR

    NFゴルフクリニック代表福田 尚也
    (公社)日本プロゴルフ協会A級ティーチングプロの福田尚也です。
    NFゴルフクリニック 代表
    神奈川県厚木市を拠点にスクール、個人レッスン、コースレッスンと活動しています。
    どのようにしたらゴルフが上達するのか・・・?
    少しでもゴルフが上手くなりたい方達の為にも日々、上達法を研究しています。
    ジュニア育成に力を入れ、夢は教え子の中から世界で活躍する選手に育てること!
    もちろん自分のゴルフもいつまでも上手くなりたい!

    日々、精進!成長!

    コメントはこちら

    *
    *
    * (公開されません)

    Return Top