GolPro[ごるぷろ]

初心者、100切り、シングル、ゴルフ上達の為の情報を発信!

グリップの強さはどのくらいで握ったら良いの?

グリップの強さはどのくらいで握ったら良いの?

グリップの強さはどのくらいで握ったら良いの?

ゴルフクラブと体をつなぐ接点のグリップ。
ゴルフスイングに於いてグリップはとても重要です。
握る形だけでなく握る強さ。
これが非常に重要!
今回はグリップの握る強さについてお話します。

グリップはゆるく握るようによく聞くけど・・・

よくグリップは緩く握るように!
手の中で「小鳥を潰さないように!」とか「腐ったバナナを潰さないように!」とか表現したりします。
私もレッスンでグリッププレッシャーを弱くするように!とアドバイスすること多いです。
しかしゆるければ良いのか?と言うとそうではありません。
ゆるすぎるとクラブをコントロール出来なくなります。
スイング中にフェースの向きが変わったり、インパクトで当たり負けしたり・・・
ゆるく握ってもクラブと手の間に隙間があってはダメです。
すき間がある人が結構多いです。
インパクトで当たり負けしてしまいますよ!
ゆるく握っても手とクラブが密着して、すき間がないように握ることが大事です。

強く握ってはダメなの?

一般的にグリップを強く握ってはダメとよく言われます。
強く握るとグリップだけでなく腕や肩に力が入ったり手首の動きが悪くなるからです。
では腕や肩が力まず手首が柔らかく動けば強く握っても良いのか?
結論はOKです。
小学生ぐらいのジュニアの子や女性で握力がない人は強く握っても他にあまり力みがなく丁度良いぐらいです。
ジュニアを教えていてグリップをゆるく握るようにとアドバイスすることはほとんどないです。
逆にもう少し強く握るように!とアドバイスすることの方が多いかも知れません。
グリップを強く握ることが悪いのではなくグリップが強いことによって他が力んでクラブの動きが悪くなることがダメなことです。

グリップの強さは握力とも関係がある

握力の強さによって影響が出るのがインパクトです。
インパクトではボールに当たった衝撃を体が受け止めてしっかりとボールに力を伝えていく必要があります。
その衝撃を体とクラブをつなぐ接点のグリップ部分で力が逃げてしまっては、うまくボールにエネルギーが伝わりません。
衝撃に負けない握る強さが必要になります。
握力がある人はゆるく握っていてもインパクトの時、衝撃に対抗する強さがあります。
しかし握力が弱い人はインパクトの衝撃に負けてしまうので最初から強く握ったほうが良いです。

スイング中のグリッププレッシャーを変えない

大事なのはスイング中のグリッププレッシャーを変えないことです。
スイング中に握る強さが変わるとスイングの軌道に影響します。
スイングの途中で握る強さが強くなるとそこでブレーキが掛かり、シャフトがねじれてフェースの向きが変わったりします。
握る強さが途中で弱くなりゆるむとクラブは重力に負けてダフリのミスが出たりします。
強く握っても弱く握ってもスイング中に握る強さを変えないことが大事です。
※グリッププレッシャーを変えないイメージでスイングしていても実際はインパクトで無意識に力は入ります。

10本ある指の中でしっかり握る指は?

10本の指が全部同じ強さで握ってはいません。
しっかり握る指は左手の小指、薬指、中指の3本(右利きの場合、左利きは右手)
右手は中指と薬指を下から引っ掛けて指で握ります。
右も左も親指に力が入ってはダメ!
左手の小指、薬指、中指の3本で握って左手一本でスイング出来る強さが良いです。

自分に合ったグリップの強さを見つけましょう

強く握ることが決して悪いことではありません。
プロの中ではグリップを強く握る派とゆるく握る派と両方います。
大事なのはバランス良くスイングできてしっかりとボールに力が伝えられる強さで握ること。
そしてこれを自分で探すことです。

力の強さ、関節の柔らかさ、感覚と人それぞれ個人差があります。
自分に合った一番良いグリップの握る強さ!探してみて下さい


ABOUT THE AUTHOR

NFゴルフクリニック代表福田 尚也
(公社)日本プロゴルフ協会A級ティーチングプロの福田尚也です。
NFゴルフクリニック 代表
神奈川県厚木市を拠点にスクール、個人レッスン、コースレッスンと活動しています。
どのようにしたらゴルフが上達するのか・・・?
少しでもゴルフが上手くなりたい方達の為にも日々、上達法を研究しています。
ジュニア育成に力を入れ、夢は教え子の中から世界で活躍する選手に育てること!
もちろん自分のゴルフもいつまでも上手くなりたい!

日々、精進!成長!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top