GolPro[ごるぷろ]

初心者、100切り、シングル、ゴルフ上達の為の情報を発信!

News

    【初心者向け】ゴルフが上手くなる為の練習ポイント10選

    【初心者向け】ゴルフが上手くなる為の練習ポイント10選

    これからゴルフを始める初心者の方、すでにゴルフを始めているけど練習の仕方が分からない?・・・

    そんな方に向けたゴルフ上達の為の練習の方法、押さえるポイントを10にまとめてみました。

    グリップ

    まず最初に握り方です。
    始めに正しいグリップを覚えないと後から直すのは大変です。
    グリップは手の握り方によってスイングの軌道や打ち出したボールに影響してきますので、とても重要です。
    動画を参考にして正しいグリップの仕方を覚えて下さい。
    ここで押さえるポイントは

    • グリップの握る強さはゆるく!ギュッと握る強さを10としたら2か3ぐらい!
    • グリップで一番悪さするのは親指!
    • グリップがスイングに影響する為、正しい握り方を最初に覚える。

    アドレス

    アドレスはスイングをする前の構えです。
    何事も最初が肝心。
    正しい構えからでないと次の動作に移る時に正しい動きが出来ません。
    なので、スイングに様々な影響を与えてしまいます。
    この正しいアドレスの作り方も動画を参考に実践してみて下さい。
    ここで押さえるポイントは

    • アドレスは「丸める、反る」動きで中間を探し、自然体で構える。
    • ドライバー、アイアンの手の位置は英語の「ワイ」(Y)で覚える。

    スイング

    グリップ、アドレスの次はスイングです。
    最初から大きいスイングで振り回したりすると上手くミートしません。
    特にドライバーのような長いクラブで振り回すのは練習してても逆効果!バラバラになっていきます。
    最初はウェッジのような短いクラブで練習するのがおすすめ!
    まずはスイングの幅を5通りに分けて、練習します。
    ここでは時計の針と羅針盤をイメージ!
    小さい振り幅から徐々に大きい振り幅にしていきます。
    ここで押さえるポイントは

    • スイングは時計に見立てて5つの振り幅で覚える。
    • スイングリズムは、どのクラブ・振り幅でも一定で変わらない。
    • スイングの動きは振り子運動!
    • クラブフェースを自然に返せばボールはまっすぐ飛ぶ!
    • 常に自分のリズム・タイミングを変えずにショットする。

    ゴルフ上達の心構え

    以上いくつかの上達のコツをお伝えしましたが、大事なことは「上手くやろうとしないこと」です。
    上手くやろうとすると、力んだり、無理な動きをしてしまいがちです。
    練習は実験のつもりで、いろいろ試しながら感覚を磨いていくことです。
    そしてイメージが大切です。
    打つ前にスイングのイメージを作り、ショットする時には考えないでイメージたことを再現する。
    クラブの動きに逆らわずに自然体を探しながら練習してみて下さい。

    初心者向けの動画ですが、中、上級者の方も基本の見直しに是非参考にしてみて下さい。

     

    ABOUT THE AUTHOR

    NFゴルフクリニック代表福田 尚也
    (公社)日本プロゴルフ協会A級ティーチングプロの福田尚也です。
    NFゴルフクリニック 代表
    神奈川県厚木市を拠点にスクール、個人レッスン、コースレッスンと活動しています。
    どのようにしたらゴルフが上達するのか・・・?
    少しでもゴルフが上手くなりたい方達の為にも日々、上達法を研究しています。
    ジュニア育成に力を入れ、夢は教え子の中から世界で活躍する選手に育てること!
    もちろん自分のゴルフもいつまでも上手くなりたい!

    日々、精進!成長!

    コメントはこちら

    *
    *
    * (公開されません)

    Return Top