GolPro[ごるぷろ]

初心者、100切り、シングル、ゴルフ上達の為の情報を発信!

News

    知っていればミスを防げる!ラフからのアプローチショットのコツ

    知っていればミスを防げる!ラフからのアプローチショットのコツ

    知っていればミスを防げる!ラフからのアプローチショットのコツ

    正しいラフからの打ち方をご存知ですか?

    ラフからのショットは、しっかりボールを出そうと力任せに打ってしまう方が多いと思います。

    ただ、ラフに負けないように強く打ってしまうと大きく飛び過ぎてしまったり、芝に対抗して強くクラブを入れすぎると逆にボールが出にくくなったりもします。

    ラフでも順目、逆目、芝が長い、短い、太い、細い、ボールが浮いている、沈んでいる、やや沈んでいるといったように様々で、ボールのライによって打ち方は変わってきますが、今回の動画の状況は、軽い左足上がりの深いラフでボールが沈んでいる状況です。

    力を入れなくてもフェースを開いてバウンスを滑らすように打てば、しっかりボールは出ます。

    ポイントを押さえて、ミスを防ぐ正しいラフショットをマスターしましょう。

    ポイント1:フェースを開き傾斜に沿わせて滑らせる

    ラフは打った時にネックの方に芝が絡まって真っすぐ当てたのに左の方にフェースが被ってしまい、逆に刺さり気味になったり左のほうに強く飛んでしまったりすることがあります。

    抜けやすくするために、フェースを開き滑らす感じで打っていきましょう。

    芝に対抗して強くクラブを入れる必要はありません。

    上から入れすぎると、クラブが刺さってボールが出にくくなってしまいます。

    傾斜に沿ってクラブの重さだけに任せて打っても、ボールはしっかり出ます。

    クラブの重さに任せるとフェースがシャフトの軸を中心に自然と返ってきて、優しくボールが飛んでいきます。

    グリップはクラブの重さが感じられるように長く待ちましょう。

    強く握りすぎず、少し重さが感じられる強さで握ってください。

    クラブを短く持ってしまうと、重さが感じられなくなってしまいます。

    体重は最初から少し左に乗せます。

    構えはインパクトの体勢も取れる重心を低くした下半身の体勢をとり、左足上がりなので気持ち傾斜に沿わせます。

    ポイント2:バウンスをイメージして刃は意識しない

    バウンスをイメージして綺麗に入れようとするのではなく、ダフらせる感じで手前から芝ごと滑らしていきます。

    ラフに負けないように、クリーンに入れようとする必要はありません。

    ボールは全く意識せずに、素振りのような感じで振っていきましょう。

    ポイント3:ヒールから入る

    フェースに芝が絡んで閉じてくるため、ヒールの方から入って抜けていくぐらいのイメージ

    で打つのがベストです。

    シャンクするのではないかと思うぐらい、ヒールの方から入っても大丈夫です。

    フェースを右方向に向けてるぐらいでも、フェースは返ってきます。

    ラフから打つ時はラフに負けないようにグリップが強くなりがちなので、グリップやフェースの開きを意識しましょう。

    動画も参考にして、ミスを防ぐラフショットのコツを掴んでください。

    【アプローチ関連動画】
    短い距離のアプローチ!ダフリ・トップをせずに寄せるコツ!【動画】 |
    【動画】アプローチショットの基本|距離感の作り方 |
    アプローチの基本|これを知っているとミスが減ります。【動画】 |
    アプローチでザックリ…!ダフリのミスが多い人が気をつけること |

    ABOUT THE AUTHOR

    NFゴルフクリニック代表福田 尚也
    (公社)日本プロゴルフ協会A級ティーチングプロの福田尚也です。
    NFゴルフクリニック 代表
    神奈川県厚木市を拠点にスクール、個人レッスン、コースレッスンと活動しています。
    どのようにしたらゴルフが上達するのか・・・?
    少しでもゴルフが上手くなりたい方達の為にも日々、上達法を研究しています。
    ジュニア育成に力を入れ、夢は教え子の中から世界で活躍する選手に育てること!
    もちろん自分のゴルフもいつまでも上手くなりたい!

    日々、精進!成長!

    コメントはこちら

    *
    *
    * (公開されません)

    Return Top